隠しカメラ 防犯対策

こんな家は泥棒被害が多発!? 防犯対策に隠しカメラの導入を!

娘の一人暮らしが心配ではないですか?
最近、怖い事件が増えている中、誰しも”自分だけは大丈夫”と思いがちですが、被害者にも油断があるようです。
犯罪に遭いやすい女性の特徴を調べると、いずれも”隙のある女性”が被害に遭うのが目立っています。

 

 

 

 

こんな家は泥棒被害が多発!?
侵入窃盗犯が下見に使うのに最適なのが公園です。
公園では誰が何をしていても不自然に見えないし、自分が遊んだりで夢中になっている場所だからなのです。
他府県ナンバーの車が止まっていても不自然に見えない案外注意していないですよね。

 

 

 

 

侵入犯罪者に狙われやすい家
人の目が届かない窓は死角になるので狙われやすいです。使っていない部屋のガラスは破っても気づかれにくいので、外から見てそこが空き部屋と気づかせない工夫が必要なことです。
また網入りガラスは割れたときに破片が飛散しないようにするためのもので防犯用ではないので、注意してください。

 

 

 

こんな時は導入を考えるタイミングです
「最近、すぐ近くのエリアで空き巣の被害が増えているらしい」「隣家が引っ越して人の気配が減った」「このごろ物騒な事件が増えた」
「一戸建てばかりの住宅地で静かだが、夜は道も暗くて不安」など、ご自宅・近隣の治安に不安を感じることはないでしょうか。

 

 

戸建住宅にお住まいなら防犯フィルム
窓ガラスの防犯といえば「防犯ガラス」ですが、防犯ガラスを設置するには高額な費用がかかり、手軽に設置できないでしょう。
防犯フィルムを自宅の窓ガラスに貼るだけでハンマーなどで叩かれても割る事が難しくなるので、窓の防犯対策に威力を十分発揮してくれるのです。

 

ご注文ガイド